NEWS

POLAR SKATE CO. NEW DECKS

スウェーデン発、今や世界で最も注目されているデッキカンパニーと言っても過言ではない、POLAR SKATE CO.(ポーラー)
巷のヤンチャなストリートスケーターからオリンピックで優勝した某日本人スケーターまで、ポーラーのアパレル(特にパンツ)は所属ブランド関係無しにとんでもない浸透率となっております。
で、そのポーラーのパンツの中でも1,2を争う人気モデルが"93 denim"ってやつなんですが。まあ名前の通り93年のスケーターが履いていた感じのデニムでして、(太めだが裾周りは細くなってるやつ)93年っていうとGIRLがスタートした年だったり、スケートの歴史においても激動の年代だったとされております。
ポーラーの創始者、ポンタス・アルブさんもそんな時代を生きたスケーターでした。スウェーデンからアメリカへ渡り、トッププロを目指して必死に活動していたようです。
1990年代後半から、いくつかのアメリカのカンパニーのライダーとしてビデオや雑誌などのメディアでの露出がありましたが、誰もが知る超有名ライダーとはいかず結局アメリカンドリームは諦め、母国スウェーデンへと戻るのでした。

しかし、ポンタスさんはスケート自体を諦めたわけではありませんでした。
アメリカ至上主義なスケートシーンに自分を無理やりはめるのではなく、自国のスウェーデンから自らが思い描く自由なスケートボーディングを世界に向けて発信する活動を始めます。

2005年発表の「Strongest Of The Strange」そしてその続編とも言うべき2010年発表の「In Search Of The Miraculous」いずれもヨーロッパの猛者を撮影したポンタス監督のDVD作品です。見てもらわないと説明が難しいのですが、ポンタスの頭の中、光と闇とでも言いましょうか?独特な世界観にヤられること間違いなしの作品です。(YOUTUBEで見れます)

そして満を辞して2011年にポーラーをスタート。2012年にはプロモビデオ「wallride oh yeah oh yeah oh yeah」が世界中で話題となって本格的にデッキカンパニーとしての活動が始まっていきました。

その後も2016年には「I Like It Here Inside My Mind, Don’t Wake Me This Time」
2018年には「We blew it at some point」
など、常に時代をリードするクリエイティブなスケーティングが収録されたビデオを発表し続け、現在でもその人気はいまだ衰えることを知りません。

とまあ長くなりましたが、そんなポーラーから新作デッキが入荷です。
今回もポーラーならではの独特なグラフィックの数々です。
サイズも7.875から8.5インチオーバーの大きなものまで幅広いラインナップとなっております。
最近よくみるけどなんなんだ?って思っていたあなた、ぜひYOUTUBEでポーラーの作品(一番新しいのがいいかな)見てみてください。
きっとデッキが欲しくなるはず。です。
そして買ってくださいw
宜しくお願い致します!